おっくんですよ~

2016.10.30 00:00|66th市大祭
こんにちは、あるいは
もうチェックしてくれてるのなら
こんばんは、
模擬/装飾のおっくんです!

現在、後れ馳せながら
シャドウバースにはまってしまい、
制作締切前の貴重な時間を
12時間近く浪費しました。

始めて1日少々ですが、
とりあえずメインストーリーを
全クラスで行けるとこまでやった後、
今はクラスマッチを進めてます。

D0ランクに上がったところで
ようやく我にかえりまして、
学校に来て制作してます←

このまま泊まります。

朝からサッカーの試合です。

帰ってきたら泊まりです。

次の日は月曜日。

フルコマ&模擬のみんなと焼き肉です。

そして迎える午前0時、制作締切……


……ナンテコッタヽ(・∀・)ノ


(因みにエルフとウィッチが得意です)


……何の話だ。
とにかく、そんなこんなで
今は装飾に(多分)全力を注いでますが、
模擬も地味に進んでます。
機材、容器、プロパンの注文とか……
(……副委員長に尻を叩かれて
やっと動き出す有り様ですが)

当日も、団体に機材を渡すのは
僕が担当しますので、
これを読んでる団体さんがいたら
当日もよろしくお願いします!


さてさて。
ライダーからの質問は、
「これだけはゆずれないこだわりは?」でした。

我ながらマイペースな人間なので
細かいことを言い出すとキリがないけども、
「これだけは」と言われたので
ざっくり一言で表してみると、多分、


「足を止めない」


ことなんじゃないかなと思いました。

(不穏な空気を感じた人へ。
以下、長文注意報発令、警戒されたし。)


自分のペースで、好きなことだけを
好きなだけやることが出来たなら
もちろんそれが一番の幸せですが、
時には嫌なことも面倒なこともあって、
手が止まったり逃げたりすることもあるし、
サボったりふて寝したり忘れたフリしたり
それはもうあの手この手でやり過ごすのは
誰しも経験があると思います。
(僕だけじゃないはずだと信じてる……!!!!)

それでも、少しずつでも進めてたら
いつかは終わるのであって、
逆に、
無理を重ねて不調を抱えたり
難題に向き合い続けて疲弊したりして
体や心を壊して、立ち止まってしまっては、
つまり、取り返しのつかないところまで
行ってしまった後ではもう、
どんなに後悔しても遅いと思うのです。

「一線を越えない」とも
言い換えられるかもしれません。
少々無理に駆け抜けるとしても
足を止めないように、
膝が壊れたり足首を捻ったりしないペースで、
出来る範囲で無理をすること。
時に振り返ったり、水を飲んだりして
ペースを落としたりしても、
体を冷やさないように、
常に足だけは止めないようにすれば、
良くも悪くも時間は過ぎて、
望んだ景色かは分からないけど
いつかは先が見えてくる。


………だから、
スタートもゴールも曖昧で、
自分では選べないことばかりで、
リタイアさえ許されない道でも、
「千里の道も一歩から」
倒れなければ、足さえ止めなければ……


……この段ボールとB紙の山も、
明後日には設計図通りの○○になって、
雨対策もバッチリの状態で
僕の前に姿を表すはずだと、
そう信じて今日も
段ボールとB紙を切り貼りしてます。
ええ、信じてますとも。


(どんだけ語ってんねんこの青二才が、
 何様やねん痛いわ……って思った人へ。
 僕の今年のニックネームは
 「吟遊詩人」だそうです。
 考えた人に拍手を送りたい。
 “マズイとは思ったが
 書き出すと止まらなかった”とか
 そういうラノベありそう。いや書けそう。)



……ここまで書いて、
次のブログリレーの人がまこって気付いて
ちょっと戦慄してます。
なんか、うん、ごめんね……(;・∀・)

質問は、「ミーナに貰って嬉しい宝物」で
いこうかなと思います。
何故こんなことを聞くかはきっと
明日まこが語ってくれると期待して
そろそろ(いい加減?)終わります。

ではでは、楽しい週末を!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

67th市大祭実行委員会

Author:67th市大祭実行委員会


こんにちは★
市大祭実行委員会です!!
市大祭とは、
名古屋市立大学滝子キャンパス
11月に開催される大学祭です。


皆様の笑顔に出会いたい。
そんな想いを抱きながら、
日々活動しています☆★



ここでは、
市大祭実行委員会のメンバーの
日々の活動の様子や
市大祭のおすすめ企画、
市大祭への想いを載せていきます♪

今年のメインテーマは
『Journey~行き先はきみシダイ~』

旅とは終着点ではなく通過点。
市大祭をつくる旅人、訪れる旅人の
旅を彩るカケラをつくりたい。
旅の途中に何を得て、
どこに行くかはきみシダイ。
時間の流れに身を委ねよう。
67th市大祭の旅は、始まったばかりだ。




FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

  • ページトップへ
  • ホームへ